普段から着用しているもの

衣料品に生まれ変わる

ペットボトルは、シャツやネクタイなどの衣料品に生まれ変わります。
信じられないかもしれませんが、機械を通してペットボトルを柔らかくして、衣料品の素材に使っています。
知らない間に、ペットボトルから作られた衣料品を着用していた人もいるでしょう。
ペットボトルはキャップが付いていますが、一緒に捨てないでください。

分別してから処分しましょう。
また、簡単に洗ってから捨てることをおすすめします。
飲み終わったと思っても、少し飲み残しがあるかもしれません。
そのままゴミ箱に入れると、飲み残しがこぼれて周囲が汚くなってしまいます。
綺麗に洗って乾かしてから、専用のゴミ箱に入れましょう。
洗うことで、嫌な臭いの対策もできます。

丈夫なペットボトル

見た目はプラスチックに似ていますが、全く異なるものです。
プラスチックよりも、ペットボトルの方が丈夫な素材で作られています。
ですから、丈夫なパックに生まれ変わることもあります。
卵はデリケートなので、固いパックで守らなければいけません。
ですから販売されている卵のパックは、ペットボトルを再利用して作られています。

また、文房具に生まれ変わるペットボトルもあります。
ペットボトル以外の製品にも生まれ変わるので、様々な使い道があります。
プラスチックと混同して、一緒に捨てないように注意しましょう。
ペットボトルには、きちんとマークが記載されています。
捨てる前に、マークを確認することを習慣にすると間違えないでしょう。



TOP